未経験からIT転職後の話

メイン記事

こんばんは!
今日で転職後、3週間が経ちました。

今の気持ちを素直に書いていきたいと思います。

まず結論から言うと、転職してほんとによかったです。

それは今の会社が良いっていうのももちろんあるけど、
働く場所として別の環境を知り、視野が広がったからです。

私は新卒として前の会社に入ったので、
前の会社の環境しか知りませんでした。

だから前の会社の良いところも悪いところも
今と比較することで、はっきりと分かります。

社会ってこういうもんだ、我慢するもんだ。
って無理に自分を納得させる必要もありません。

もしこれから会社がしんどくなってきたって、
一度転職経験があることで、なんとかなるって考えることができます。

そんな理由から結論に至った次第です。

無責任なことは言えませんが、
今の仕事に不満や、新しいことやってみたいって方は、
是非動き出してほしいです。

では次に今、どんな仕事をやっているかってのを少し。

現在は研修をしつつ、自社サービスの簡単な機能拡張や保守作業をやっています。
使用言語はPHPでVagrantやDockerの仮想環境で作業、Gitでバージョン管理をしています。

元々、プログラミングスクールで、PHPと似たWeb系言語Rubyの基礎を学んでいましたが、
分かるところもありつつ、9割くらいは初見で日々わからないことだらけです。

独学の際にはチーム開発なんてなかったし、
テストや仕様書、バグチェックなんてのもほんとに始めてやってます。

何が言いたいかというと、実務のことは経験していくことが
一番早く学べるということです。

会社サイドからすると今はまだコストでしかない私ですが、
それでも採用してくれたのはポテンシャルを買ってくれたからです。

なので、始めは役に立てず、質問ばっかりすることに気後れしそうにもなりますが、
出来るようになるにはわからないことを一つずつ解決していくしかないですよね、

もちろん勉強も続けていきます。

良い職場で、良い人たちに囲まれて、
それを維持していくためと思えば、
モチベーションだって保てます。

チームにいて欲しい存在になるために、頑張るぞー!!!!!

てことで転職後の気持ちの話でした。

質問とかあればなんでもどうぞ!

2020.11.21 ガオ


コメント

タイトルとURLをコピーしました