VirtualBOXとVagrantの話

メイン記事

こんばんは!
3連休2日目ですね。
昨日は美術館に行ったりして、
「塗り重なった油絵の表面のゴツゴツ感はええな!」とか、
「画家の人体の描き方はやっぱ最高やな!」とか言ってました。笑

さ、今日も絵ではないですが、備忘録書いていきましょう!

今日はVirtualBOXとVagrantの話。
仕事で上記を使用しているのですが、
フワッとしか理解していなかったのでおさらいも含めて。

まず、VirtualBOXとは自分のパソコンのOS(ホストOS)に、
別のOS(ゲストOS)を置くための仮想化ソフトです。

なぜゲストOS(仮想マシンと呼んだりします)を置くのかというのは、
以前も話ましたが、ソフトウェアを開発ごとに変えたり、
同じソフトウェアでもバージョンを使い分けたりするためです。

この仕事はこのパソコンでやる!みたいなことを一台のパソコンでしているイメージですね。

次にVagrantですが、これはVirtualBOXなどの仮想マシンを操作するためのソフトです。
VirtualBOXだけでも仮想環境は作れるみたいですが、手順が複雑らしく、一般的でないようです。

VirtualBOXがPS5なら、Vagrantはコントローラーみたいな感じでしょうか。

ちなみにVirtualBOXも Vagrantもオープンソースソフトウェア(無料)です。
品薄になってメルカリで高く売買されることはありません。

Vagrantの特徴としては仮想マシンにどんなOSを入れたり、
どんなソフトを入れたりするのかをVagrantfileに記述します。

こうすることで、他のパソコンや、他の開発者に同じ作業環境を準備したいとき、
「OSはこれを入れて、ソフトはこれとこれとこれを、あ、バージョンはうんたらかんたら‥」とか
いちいち説明せず行うことができます。最高に便利ですね。

ちなみに失敗談の話ですが、自分のパソコンで今、
ホストOSを触っているのか、ゲストOSを触っているのか、
始めは全然分かりませんでした。
それで分からないまま、作業環境を構築するためにソフトをインストールしてたら、
ゲストOSに入れなきゃいけないものをホストOSにガンガン入れてて、
初日にして真っ白でピュアなホストOSをめっちゃ汚してしまいました‥。

手順通りに進める時も、今自分が何をしているのか、何がしたいのかは理解しておくべきですね。

てことで今日はVirtualBOXとVagrantの話でした!

2020.11.22 ガオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました