Linuxの話

メイン記事

こんばんは!
昨日の記事がすごく伸びてました!(当社比)
ありがとうございます!
今日も頑張っていきます!

Linuxとは

LinuxとはオープンソースのOSです。
OSとはコンピュータの基礎となるシステムプログラムのことですね。

もともとUNIXというOSがあったのですが、それをもっと扱いやすく進化させたのがLinuxです。

開発者はフィンランド出身のリーナス・トーパルズさん。
Linuxの核となるLinuxカーネルという物を大学生時代に作りました。凄すぎる。
で名前とUNIXを文字ってLinuxとなったわけなんですね。

Linuxカーネル自体は核なので、それにライブラリ、メモリやプロセス管理機能を追加し、
インストールすればすぐに使える状態にした物をLinuxディストリビューションと呼びます。

ディストリビューションの意味は「配布」を指します。

Linuxディストリビューションには過去に紹介したUbuntuや、
RedHat Enterprise Linux, Fedoraなどがあります。

Ubuntuについては以下を参照ください。

これらのLinuxディストリビューションも基本的にはオープンソースです。
ただし、サポートなどを有償で提供しているものもあります。

そんなLinuxはエンジニア界隈では非常に人気がありますが、
一般的にはあまり知られていませんよね。

どうしてかというと色々と理由はあり、そもそもwindowsがLinuxよりも先に生まれたこと。
そしてLinuxはサーバー用として使われるOSのため、一般向けではないことが挙げられそうです。

どんどんユーザが増えたwindowsにはOfficeが登場し、
大学生の頃はパソコンを買うときに必須のようなイメージでした。

そうなれば、売れる→開発費増える→いい物が作れる→売れる、のスパイラルですね。

パソコンに詳しくない人なら設定とかを周りに聞きたいので、
わざわざよくわからないLinuxに手は出しづらいと思います。

その反面、windowsにはユーザが増えたことから悪意から狙われるターゲットとなり、ウィルスやスパム被害が圧倒的に多いです。

また最近はOfficeに頼らなくても、Googleが無料で公開しているスプレッドシートやドキュメントなども普及していますね。

windowsの時代も変わりつつあるのかも知れません。
(ITの企業文化だから気づけた可能性もあるけど笑)

てことで今日はLinuxの話でした。
LinuxというかOSの話になっちゃったので、またいずれ詳しく話したいですね!

それでは!

2020.12.12 ガオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました