レンダリングの話

メイン記事

おはようございます!
昨日は仕事終わりに球場で野球をしたんですが、
寒すぎて死ぬかと思いました笑

野球自体は楽しいから温くなったらガッツリやりたいな〜

てことで体はバキバキですが、テキパキやっていきましょう!

レンダリングとは

簡単にいうと、サーバーがレスポンスを返す時に、
コードをプログラミング言語のルールに則り変換することです。

例えばHTMLを書く時には見出しや本文は下記のようになります。

<h1>タイトルだよ!</h1>
<p>本文なんだよ〜〜〜〜〜</p>

ですが、これをWebページで表す際は

タイトルだよ!

本文なんだよ〜〜〜〜〜

という風になるんですね。これがレンダリングです。

レンダリングという言葉自体は3D CGの分野など多くのIT分野で使われるようですが、
その大体の意味が「用意したデータを成果物へと変換する」ことのようです。

プログラマーが使うのはWebページでデータや情報が更新され、
視覚的に画面が再形成されることを呼ぶ場合が多い気がします。

レンダリングの動詞系は「render」です。

Ruby on Railsでは「render」と「redirect」によく戸惑わされました笑

renderは上記で説明したようにコードを変換し、視覚的な情報(view)に昇華すること。
対してredirectは最終的にはviewファイルに行き着くことが多いですが、まずはgetメソッドとしてリクエスト処理を行います。

Rails懐かしいなあ‥。

てなわけで少し短いですが、今日はこの辺で!

2020.12.17 ガオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました