Dockerの話

メイン記事

こんばんは!
ガオです。今日も元気に書いていきます!

今日はDockerの話。
まだまだわからないことだらけですが、
少しずつまとめて行こうと思います。

Dockerって何?

Dockerとはコンテナと呼ばれる仮想環境をローカル環境に作り、
コンテナ内でOSやアプリケーションを立ち上げ
作業することを実現する、オープンソースソフトウェアです。

??????

私も始めはなんのことか全然分かりませんでした。ほんとに。

まずオープンソースソフトウェアとは
ソース(プログラム)がオープン(公開されている)なソフトウェアです。
料理で言うレシピが無料で公開されているようなイメージです。

利用する人のメリットとしてはレシピ本を買う必要がないみたいな感じで
コストを抑え、開発をすることができます。

その反面、レシピが正しいか、信頼出来るかは自分で判断する必要があります。
サポートも有料のソフトウェアのように手厚くは受けられません。

なので小さく始めたいときに向いていると言えそうですね。
このWebページもWordPressというオープンソースソフトウェアで作られています。

次にローカル環境は以前も説明しましたが、自分のPC環境ですね。
仮想環境とは架空の環境です。なので物理的な実態はありません。

OSはWindowsやMac,Ubuntuなどのオペレーションシステムで、
コンピュータの動作を司るシステムを指します。

簡単にまとめると、Dockerとは、
無料で、仮想の開発環境を作り作業できるソフトウェアといったところでしょうか。
仮想なので、作業が終わったり、リセットしたくなったら、すぐに消すこともできます。

ちょっとDockerがわかってきましたでしょうか。
可愛く見えてきたなら幸いです。

開発をする際にはソフトウェアのバージョンで
システムの動きが制限されたり、動かないなんてこともあるようで、
ローカル環境に一つのバージョンのソフトをインストールしていると、
他の開発と並行した際にいちいちバージョンを変えたりする手間が生まれます。

そんな時にもDockerもとい仮想環境は
一つに限らずいくつも作業環境を構築でき、かつ
いらなくなった時は海へコンテナをポイ〜なんてこともできちゃう訳ですね。(大問題)

Docker以外にも仮想環境を作るソフトウェアは多くあって、
特徴がいろいろあるのですが、今日はDockerの話でした。

実際の使い方はまた機会があれば!

ではでは今日はこの辺で!

2020.11.19 ガオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました