ラズベリーパイの話

メイン記事

こんばんは!
今日はラズベリーパイの話です。
美味しそうな名前ですがお菓子の話ではありません、、、。
ちなみ私はアップルパイが好きです。

ラズベリーパイとは

簡単に言うと「超小型コンピュータ」です。
イメージを貼っておきますが、掌サイズですね。

実はこのコンピュータめちゃくちゃ人気があるんです。
その理由を探ってみました。

一番の理由は安いことです。
あとで説明しますが、小型の割りに必要な機器が揃っていて、価格が4000円前後です。

PCの価格ではありえない安さですよね。

イギリスのラズベリーパイ財団が、「世界中の子供たちにコンピュータに触れる機会を持って欲しい」というコンセプトで開発しました。

その願い通り、プログラミングの教育用として爆発的に流行り、それだけに留まらず、大人が趣味でいじるコンピュータとしても大人気になりました。

実際にどんなことができるんでしょうか。

調べてみると入門としてはセンサーを取り付けてLEDライトとして使用したり、カメラモジュールと組み合わせればデジタルカメラにもなるそうです。

これらのソースコードはネットで公開されているため、プログラミングの知識がなくても作ることができます。

またラズベリーパイ本体には以下の機器が標準搭載されています。

  • CPU コンピュータの頭脳(中央演算処理装置)
  • GPU 画像処理に特化した演算装置
  • インターフェース 他の機器と接続するためのソケット Wi-Fi、イーサネット、USB、HDMIなどなど

逆に動作させるためには以下の物を接続する必要があります。

  • キーボードやマウス
  • マイクロSDカード これにラズビアンというOS(システムソフトウェア)をインストールし、本体に接続する
  • (ディスプレイやHDMIケーブル)

多少準備は必要ですが、自分で思うようにコンピュータをいじって何かを作るのは絶対楽しいですよね。

子供も大人もハマる理由がわかる気がします。

DIYが好きでしたら、一度調べてみてはいかがでしょうか。

私も今回知り合いが購入したと聞いたのが調べるきっかけになったので、また実物をみる機会があれば更新しますね。

それではまた!

2021.1.9 ガオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました