GoogleAppsScriptの話

メイン記事

こんばんは!

最近ブログ更新に空きが出てきてますね、、><

言い訳はしません!頑張って続けていきます!

今日はGoogle Apps Scriptについて調べてみました!

Google Apps Scriptとは

Google Apps Scriptは簡単に言うと「Googleが提供しているプログラミング言語」です。

GASと訳されたりします。

その特徴はGoogleの他のサービスの操作を自動化したり、効率良く動かすための仕組みを提供しています。

他のサービスというのは例えば、Gmailだったり、GoogleSheetsだったりです。

サービス単体や、Google WorkSpaceとして仕事で使っている人も多いと思います。

それらのサービスで普段行っている業務を効率化するために作られたのがGASです。

例えば、メルマガを作って何時何分に毎週送るとか、スプレッドシートに引っ張ってきたデータを自動で書き込んだりなどできます。

他にも使い方次第で様々な操作を自動化することができます。

またGASを使うメリットとして、基本的な構文はJavaScriptを踏襲しているため、JSを触っている人はとっかかりやすいです。

そして、GASはwebブラウザ上でコーディングが可能なため、環境構築の必要がないのも嬉しい点です。

今回私がGASについて調べようと思ったのは、案件を管理しているGithubの操作をフラグとして、Gmailにて通知をする仕組みを作れないかなと考えたためです。

GASはgoogleが提供する以外のサービスともAPIを通じてやりとりすることが可能なようです。

GithubにはGithubActionsと言う、Github上の操作によって自動化する技術もあるため、その辺りは調べながらになりますが、なんとか目的を果たし、業務効率化を図りたいと思います!

そんなわけで今日はGASについてでした!

それではまた!

2021.3.6 ガオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました