Jenkinsの話

メイン記事

こんばんは!

今日はJenkinsについて調べてみました!

Jenkinsとは

Jenkinsとは簡単にいうと「素早くテスト、リリースするためのツール」です。

素早く、即ち自動化です。

IT業界では「自動テスト、リリース」を略してCI/CDと呼びます。

CIは継続的インテグレーション(統合)

CDは継続的デリバリー(配布)

以前CircleCIの以下記事でも少し触れています。

CI/CDツールは世の中にたくさん種類があるのですが、オンプレミス型で人気があるのがJenkinsです。

ハードウェアとして実物があるのがオンプレミスでしたね。

人気の理由はオープンソースであること、利用者が多いためドキュメントや拡張機能が豊富にあるためです。

Jenkinsの具体的な使い方としては、まずサーバーにインストールする形で導入します。

サーバーにインストールするのですが、その操作はGUI(ブラウザ上)で簡潔しています。

この辺りも操作性が良くて分かりやすいのは良いですね。

そしてCIツールの役割としては、例えばデプロイされたタイミングなど、特定の操作が行われた時に、プログラムで書かれたテストが自動で走ります。

もっと細かいタイミングで行うなら、コミットが行われたタイミングとかもありですね。

要はテストをこまめに挟んでいくことで、問題を見つけやすくしてくれています。

これを手動でやっていると大変なので、自動化してくれるのがJenkinsのCIツールの役割です。

CDの部分についても同様に、開発で生まれた変更点をいちいち手動で当てるのは大変なので、マニュアル化できる部分は自動で行ってくれるという感じです。

というわけで今日はJenkinsについてでした!

CIツールとしてクラウド型で有名なCircleCI、そしてオンプレミス型で人気のあるJenkins、実際に触ることでもっと理解を深めていきたいと思います。

2021.2.21 ガオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました